札幌ランチ漂流

ondeon.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 03日

近況

 体重73キロで痛風持ち・・・顔はむくみ、腹はパンパンに膨らみ、醜い限りだ。クールビズが始まれば、己のデブさ加減が周囲に晒される。これはさすがにマズイ、変わらなきゃと思い、2015年5月末からダイエットを始めた。

 その方法は「炭水化物抜きダイエット」。白米や麺類は決して口にしない。ただこれだけなのだが、ランチタイムに外食すれば、メニュー選びが極めて制限される。ラーメン、チャーハン、カツ丼、もり蕎麦、天ぷらうどん、スパゲティー・・・これらはおのずと対象外だ。
 残されたメニューは「定食」しかないのだが、どうしても「白米」がつく。いやいや、定食にごはんがつくのは当たり前であるものの、とにかく食べちゃいけないルールなので、「あの~ごはん抜きで」とオーダーする。そうすると店員の99%が「なに言ってんの、この人」みたいな顔つきで「本当にイイんですか?」と聞き返してくる。
 そういうやり取りを繰り返すと疲れてくるので、おのずと外食がイヤになってきた。炭水化物抜きダイエットを通じて、「世の中は炭水化物に満ち溢れている」という事実に気付かされる。

 そんな中、「おかず」だけ食べさせてくれる飲食店が重宝した。 

d0188162_8195437.jpg
 HUGイート(狸小路5丁目)の「HUGデリッシュ」は、手作り惣菜の店。惣菜2品とスープをつけてワンコイン内で収まる。フードコートになっているので、椅子に座って食す。

d0188162_8201243.jpg
 北海道本庁舎食堂では、AorB定食(480円)を券売機で買い求め、スタッフに券を手渡す際、「ごはん抜きで」とオーダーする。今でも怪訝そうな顔をされるものの、もう仕方ない。

d0188162_855678.jpg
 北海道大学の学食の場合、1品ずつセルフで選べるため、おかずだけチョイスして会計できる。こういう食堂が街中に広がれば嬉しい。

 炭水化物抜きダイエットは、すぐに効果が表れた。5月末で73キロだった体重は、スタートから2週間で69キロに。その後は、一進一退の攻防を続けながら、じわじわ下がってきて、2カ月後の7月末に65キロ台に到達。あとは65~66キロ台を行ったり来たり。これ以上の減量は難しいようだ。蛇足ながら、炭水化物をとらないと、便の量と回数が極端に減ることを実体験した。

 ちなみにワタシの場合、朝食はとらない。夕食はおかずのみで毎晩ビールなどを飲む。ただひたすら昼食時に炭水化物抜きダイエットに取り組んだだけで、マイナス8キロの減量となっている。これは簡単なダイエット法だ。

 最近、「たまには自分にご褒美を」と、昼食にラーメンやそばを食べている。そのせいか、67キロにリバウンドする日も出てきた。ただまあ、週に1回くらいは食べても大丈夫だろう。
[PR]

by on-de-on | 2015-11-03 08:18 | 番外編 | Comments(2)
Commented by こども課長 at 2015-11-03 10:57 x
こんにちわ♪
久しぶりの更新、待ちわびてました.

炭水化物抜きダイエット、簡単そうで外食中心の
ランチ生活だと結構難しい(面倒?)なのですね...

自分、夜の大食いを控えたら6~7kgすぐ減量しましたよ.
逆に言えばそれほど夜の大盛飯は身になってしまうって事ですね(笑)
現在は180cm-74~6kgをウロチョロしてますので平均的かな...と

でも余り我慢し過ぎるのもストレスになって精神衛生上悪いですよねw
Commented by on-de-on at 2015-11-03 12:44
こども課長さん、コメントありがとうございます!
久々の更新なので、手順とか忘れていて手こずりました(笑)

そうなんです、外食=炭水化物が中心なので、なかなか面倒ですwww
こども課長さんは、昼間ガッツリ食べてもナイス体型ですね!
ワタシは167センチで73キロだったので・・・
ダイエットしないと、長生きできないとの危機感を原動力に頑張っています(笑)


<< タンメン750円      ランチセット650円 >>