人気ブログランキング |

札幌ランチ漂流

ondeon.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 29日

おすし460円

 ご当地の駅でしか買えない駅弁という名のブランドは「貴重でありがたい」と思うからこそ、日本津々浦々のデパートで催される「全国駅弁市」は人気が高い。でも消費者の視点で思えば「値段が高い」と感じる。だって1,000円前後するんですから。だったら、デパ地下の有名店の弁当の方が、ずっと安いし美味しいよって。

 もちろん、旅情を感じる駅弁のパッケージデザインにコストがかかっていると思うし、JR構内での「ショバ代」も捻出しなければならない。なにより、現在、駅弁を売っている企業が、国鉄時代から続くJRの子会社的な位置づけのところが多いから、激安を謳う新規参入希望の企業は、JRから受け入れられないだろう。
 駅弁という市場は、未だ「聖域」なのだなあ、と感じる。

d0188162_15593215.jpg
 札幌駅で売っている駅弁は、札幌駅立売商会(本社・札幌市東区北8東2)が企画・製造・販売している。
 で、札幌駅で売っている駅弁の最安値は「おすし460円」である。スーパーの総菜コーナーで買ったら、300円前後かも知れないけれど、旅情を感じる「ワンコイン駅弁」ということで、買い求めた。

d0188162_160957.jpg
 「聖域」で値段が高めな点はさておき、じゃらん北海道、地元の高校・大学とのコラボ企画など、これまで取り組んでいる頑張りを、いい感じに質アップにつなげてくれれば、納得して財布の紐もゆるめたい。

人気ブログランキングへ

by on-de-on | 2011-10-29 11:30 | 弁当


<< 特製もりそば600円      (仮称)札幌1号店 出店予定地 >>