札幌ランチ漂流

ondeon.exblog.jp
ブログトップ

タグ:1,000円以上 ( 19 ) タグの人気記事


2014年 03月 14日

石狩鮭めし 今昔物語1,000円

d0188162_20482295.jpg
 札幌駅の駅弁「石狩鮭めし」。90年の歴史を記念した企画ものを期間限定(2013年9月~2014年3月末)で販売している。平成25年バージョンと、昭和40年代バージョンの「鮭めし」を同時に味わえる。まったく異なる調理法&様相なので、食べ比べが面白い。

d0188162_20484569.jpg



[PR]

by on-de-on | 2014-03-14 08:50 | 弁当 | Comments(0)
2013年 08月 11日

うに丼(むらさき)1,700円

d0188162_1944558.jpg
 ココ・カピウ (苫前町字栄浜55-3 とままえ夕陽ヶ丘ホワイトビーチ前)

 日本海沿いのオロロンラインを運転していたら、「うに丼」をアピールする食堂が散見する。
 この界隈は、うにの季節なのだ。知らなかった。
 なんの情報も持たず、ええいままよ、と13時30分過ぎに入店すると、満員御礼&待ち人あり。
 仕方ないので並び始めたら、一気に6人が去り、ビーチを望むカウンターに通された。
 で、肝心のうに丼は、バフンが品切れなのでむらさきだったが、いやはや美味かった。値段も手ごろだし。

d0188162_19442090.jpg
d0188162_19443120.jpg
d0188162_19444882.jpg
d0188162_1945041.jpg
 この店、夏期間のみ営業しているらしい。


[PR]

by on-de-on | 2013-08-11 13:50 | 道北 | Comments(2)
2013年 07月 13日

元祖 二階建て豚丼1,050円

d0188162_210458.jpg
 ドライブイン いとう (清水町字熊牛90)

 手切りした十勝産・ケンボローポークを一口噛んで、こう思う。「柔らかい」「ジューシー」。
 グルメリポーターならば、失格の烙印を押される語彙の無さw

d0188162_2102479.jpg
 表面の豚肉&ごはんを食べ進めたら、再び豚肉に遭遇。これが「二階建て豚丼」を謳う理由なのだ。

 今や、新千歳空港に支店を出すとともに、通販にも力を入れている。イケイケな豚丼屋だった。
 正確に言えば、ドライブインなので、ラーメンメニューも気になる。

d0188162_2103466.jpg
d0188162_2104291.jpg



[PR]

by on-de-on | 2013-07-13 12:05 | 道東 | Comments(2)
2013年 05月 14日

かにめし1,500円

d0188162_2018692.jpg
 マルカイチ水産 お食事処 海鮮炉端焼き (紋別市新港町2)

 ズワイガニの身がたっぷり。
 かに汁つき。

d0188162_20181874.jpg
 甲羅を取ったら、その下にカニみそあり。

d0188162_20184261.jpg
d0188162_20184690.jpg
d0188162_20192762.jpg
 だだっ広い店内。「海鮮炉端焼き」を謳う中、観光客風情の団塊世代2~3組が楽しんでいた。それ以外の客(たとえば地元客とか)は見かけず、閑散としていた。

d0188162_20194298.jpg
d0188162_20203226.jpg

d0188162_204431.jpg
 カニの爪を発見。シュールなオブジェと思う。


[PR]

by on-de-on | 2013-05-14 12:30 | 道東 | Comments(0)
2012年 10月 29日

焼き牛丼(並)290円 VS 特製焼肉弁当2,300円

 東京だから食べられるもの。テーマは「肉」で。テイクアウトで激安&高級な品々を食した。


東京チカラめし 焼き牛丼(並)290円

d0188162_2011653.jpg
 いわゆる牛丼チェーンで平成23年に第1号店をオープン以来、東京周辺で増殖中。既存の牛丼チェーンが牛肉を煮ているのに対し、こちらは焼いており「元祖 焼き牛丼」を謳う。この食感と味わいは新鮮。店舗で食べれば味噌汁がつく。卓上には紅生姜ではなく、寿司屋のガリが置いている。

d0188162_2013638.jpg




叙々苑 特製焼肉弁当2,300円

d0188162_19362339.jpg
  東京を中心に、埼玉、千葉、神奈川、名古屋、大阪、広島に店舗を構える焼肉チェーン。いわゆる高級路線のようだ。

 そこの弁当がこれ。羽田空港で見かけたので思わず買ってしまった。なぜならば「べらぼうに高い」から。どんな内容なのか興味しんしん。適度にサシが入り、肉厚でジューシーな主役にほっぺたが落ちそう。

d0188162_19364543.jpg
d0188162_19365748.jpg


 東京チカラめしの激安牛丼と、叙々苑の高級弁当。比べて評するのは野暮かしら。どちらも価格以上に美味しいのだから。ただまあ、普段着のランチにするならば、安い方でしょう、当然。


[PR]

by on-de-on | 2012-10-29 00:00 | 弁当 | Comments(2)
2012年 06月 08日

かに定食1,500円 oishii

d0188162_2233136.jpg
 かにっこ (紋別市幸町5丁目 紋別バスターミナル正面2階)

 フライした生の「ズワイガニ」にソースをたらし、揚げたてサクサクで食す。付け合わせの「キャベツ千切り」と「ポテトサラダ」で口直し。小皿の珍味は「カニ味噌」(冷凍もの)。アツアツの「白米」にのせると溶けてきて、イイ塩梅に。「カニ汁」と「大根漬」で〆る。

d0188162_22332527.jpg
d0188162_22365044.jpg
d0188162_2233442.jpg
 店内は観光客(おそらく夫婦×2組)が、くつろいでいた。1組の会計が「6,000円です」だったので、これまたおそらく「おまかせ定食3,000円」を堪能したのだろう。メニュー表には「当店一番のおすすめ品」&「ミシュランガイドの超おすすめ」と記されており、カニの「刺身」&「フライ」をメーンに、「白米」「カニ汁」「珍味」「香の物」がつく。

d0188162_2383790.jpg
 カニを刺身で食べられるって オトナになって知った。もう何年前だろう。ススキノのそれなりな飲食店で、「毛ガニの刺身」を7,000円でオーダーしたことがある。それはもう、美味しすぎて身悶えしながら食べ、さらに会計時も財布を覗きながら身悶えしたなあ。この店では、3大カニ(毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニ)の刺身盛り合わせが2~3人前で5,500円。毛ガニ漁が終わる8月末までの限定品だった。

d0188162_22361273.jpg
 温和で物腰が柔らかい店主に「ウチは活カニしか使いませんので、刺身がオススメなんです。でも、ご予算があるでしょうから」と、オーダー時に説明を受けた。出張で紋別へ行って、取り急ぎ腹が減ったので、何も知らずに飛び込んだ飲食店は、少なくとも創業45年の老舗であり、「ミシュラン」だの「じゃらん」だのに、紹介されているようだ。

 値段が値段だけに、地元民の「普段着のランチ」を食す店ではないような気がするが、メニュー表をよく見ると、「かにチャーハン、カニ汁付」800円、「かつ重弁当」880円辺りが許容範囲か。

d0188162_2236342.jpg
 勝山本店というそば屋の2階にあり、階段途中の壁にメニュー表が掲示してある。それを見ていたら、ワタシがセンサーに反応したのかチャイムが鳴って、店主が出てきて「どうぞどうぞ、空いてますから」と声をかけられたので、一期一会の運命を感じて突入した。


[PR]

by on-de-on | 2012-06-08 12:45 | 道東 | Comments(2)
2012年 04月 13日

Bランチ(お造り&焼き魚)1,280円

d0188162_1954128.jpg
 レストラン 癒月(ゆづき) 小樽市銭函1丁目23-2 (JR銭函駅至近)

d0188162_19541234.jpg
 食後にデザート付。

d0188162_1956647.jpg
 日本海を望める2人席ボックス席に通された。

d0188162_19562564.jpg
d0188162_1957158.jpg
d0188162_1957792.jpg
・ランチ1100~1500(1430オーダーストップ)→予約不可
・ディナー1700~2000オーダーストップ→予約OK
・定休日は月曜(祝日の場合は営業し翌日振替休業)、第1火曜

d0188162_19584278.jpg
d0188162_2024989.jpg
 海辺のマチに住むって、ちょっぴり憧れる。札幌から通勤圏内だし。甲斐性さえあれば、オトナの隠れ家を持ちたいものだ。


[PR]

by on-de-on | 2012-04-13 12:05 | 道央 | Comments(2)
2012年 02月 01日

回転すし2,320円

d0188162_18333041.jpg
 くるくる寿し (札幌市中央区北5西4 札幌駅南口地下アピア内)

 久々に訪れた。ポイントカード(1,000円で1ポイント、20ポイントで500円割引)は18ポイント溜まっている。少なくとも18,000円分、この店で食している。とっても美味しいからだな、きっと。


▼なんばん海老(留萌産)190円
d0188162_18321085.jpg


▼やりいか300円、ほっき貝(苫小牧産)300円
d0188162_18322421.jpg


▼本まぐろ中とろ300円、牡蠣(サロマ産)260円
d0188162_1832359.jpg


▼たら昆布締め260円
d0188162_18324797.jpg


▼生さば260円
d0188162_18325973.jpg


▼カニマヨ190円
d0188162_1833972.jpg


▼かに味噌260円
d0188162_18332296.jpg


d0188162_18333940.jpg
 9皿(18貫)食べて、お腹いっぱい。その分、値段は・・・(笑) でも、回転すしだからこそ、懐を気にせず、好きなものを好きなだけ食べたい。


[PR]

by on-de-on | 2012-02-01 11:10 | 中央区北5西 | Comments(0)
2011年 08月 25日

かにツメ弁当1,000円

 駅弁って全体的に値段が高い。1,000円以上は当たり前の価格設定って、昨今の社会情勢から言えば、ちょっと受け入れがたい。コンビニ弁当を車内に持ち込んで食べた方がお得かしら、なんて皮算用したりする。

d0188162_2053863.jpg
 そんな中、値段が高くても「これって美味しい」と納得できる駅弁に出会った。稚内駅のふじ田食堂 (稚内市中央3丁目)で提供する「かにツメ弁当」である。
 稚内駅がリニューアル工事中ゆえに、同食堂は近くのプレハブで営業しており、店のスタッフに注文してから作ってくれる。稚内駅構内で既製品を気軽に売っているわけではないのでご注意を。

d0188162_20531675.jpg
 稚内での出張を終え、16時51分のスーパー宗谷4号で札幌へ帰るため、16時過ぎに同食堂ののれんをくぐり、駅弁を作ってもらった。
 合計8本の「かにツメ」を肴に、缶ビールが進む。出張時のささやかな楽しみゆえに、番外編でした。

人気ブログランキングへ
[PR]

by on-de-on | 2011-08-25 21:37 | 弁当 | Comments(4)