カテゴリ:道南( 37 )


2014年 01月 31日

塩ラーメン650円

d0188162_10365455.jpg
 元祖バスラーメン (函館市湯川町1-3-8)

 ほろ酔い気分で湯の川温泉を22時頃に歩いていたら、北海ラーメン(国道278号沿い)の隣りで営業していた。
 マイクロバスを改装した移動店舗がユニークな佇まいで、思わず飛び込む。

 狭い車内は座席数6~7だろうか。先客の大学生っぽい男子3人組が食べ終わる頃で、話しかけられる。「写真撮ってもらってイイすか」。
 外に出てバスの前でパチリ。「ありがとうございます」。握手を交わした。
 車内に戻ってラーメンを待っていたら、チャイニーズな4人組が来店。
 そう言えば、ニュースで知った。中国、台湾では春節(旧正月)の長期休暇で旅行シーズンと。
 確かに函館の街中もホテルも、チャイニーズな方々で賑わっている。

 ほのかに甘い澄んだ塩スープ。温泉街で函館の旅情を感じる1品だ。

 ご主人は調理師として海上自衛隊や仕出し屋を経て、1978年創業。
 スープは自宅で作り、バス車内で麺を茹でて盛り付ける(ソースは函館新聞)。

d0188162_9321321.jpg
d0188162_932274.jpg
d0188162_9323878.jpg
d0188162_93252100.jpg



[PR]

by on-de-on | 2014-01-31 22:10 | 道南 | Comments(0)
2014年 01月 31日

五目丼500円

d0188162_8371317.jpg
 朝市食堂 2番館 (函館市若松町9-19 函館朝市内えきに市場2階)

 JR函館駅至近の「函館朝市」にある小ぎれい&広い食堂。前客3、後客0。
 安い! その分、ネタ&ボリュームは少なめ(マグロ、甘エビ、ホタテ、サーモン、いくら、とびっ子、ほぐし鮭、厚焼きタマゴ)。
 マグロ以外、鮮度は悪くなかった。
 白米は地元産、酢飯ではない。

 値段相応な感じながら、とりあえず、海の幸をどんぶりで味わえる。
 ワンコインで函館気分が高まっていく。

d0188162_8373089.jpg
d0188162_8374557.jpg
d0188162_8381479.jpg
d0188162_8382336.jpg
d0188162_8384646.jpg
d0188162_838562.jpg
d0188162_839840.jpg
d0188162_8391965.jpg



[PR]

by on-de-on | 2014-01-31 12:05 | 道南 | Comments(2)
2013年 11月 23日

鰊みがきそば400円

d0188162_21201637.jpg
 立食いそば 函館みかど (JR函館駅 5・6番線ホーム)

 しばらく営業をお休みしていたが復活。函館駅唯一の「ホームそば店」と謳う。
 そばの上に2切れ乗るみがき鰊(甘露煮)は、函館駅名物「鰊みがき弁当」840円のものと思う。駅弁屋が経営するホームそば店ならでは。
 ネギは自由に盛り付けて食べる。

 函館滞在時間は短く、札幌へとんぼ返り。函館で食べたのはこれだけ。
 「はーるばる、来たぜ、はっこだて♪」(@サブちゃん)な気分を手軽に味わえる1品だ。
 ただし、営業時間は6時45分~14時00分に限定。

d0188162_21203021.jpg
d0188162_21204281.jpg
d0188162_21205046.jpg
d0188162_21205638.jpg



[PR]

by on-de-on | 2013-11-23 10:10 | 道南 | Comments(0)
2013年 10月 30日

ほたてフライ定食650円

d0188162_20571291.jpg
 マル米 (函館市若松町8-17)

 函館駅を降りて、星龍軒で塩ラーメンを、と訪れたら、臨時休業だった。はてさて、どうしようとウロチョロしていたら、シブい食堂を発見した。「アレ、これ、どこかで拝見したような」。雑誌かネットか、うまく思い出せないが、妙に親近感を覚え、思い切って入店した。

 頼んだ定食をつつき、いやはや美味いなと感じていたら、「あっ」と思い出す。 
 あの方のブログで拝見したのだな。チョイスした定食が同じだったのは、きっと潜在記憶に刷り込まれていたからだろう。
 神様 仏様 こども課長様、なのでした。

 「食堂 マル米」「お食事処 マル米」「ラーメン マル米」「マル米食堂部」・・・いろいろ名称があるよう。
 隣の「喫茶 マル米」「甘味食事処 マル米」も気になるところだ。

d0188162_20572822.jpg
d0188162_20573714.jpg
d0188162_20574537.jpg



[PR]

by on-de-on | 2013-10-30 12:00 | 道南 | Comments(2)
2013年 09月 25日

ラーメンセット500円

d0188162_02689.jpg
 長寿庵 本店 (函館市中島町21-9)

 せっかく函館に来たのだから、新規開拓すれば良いものの、こちらの店の、このメニューが気になって再訪した。

 澄んだ塩スープに自家製麺がからむ。ライスを喰らいつつ、サラダ、おしんこが味のアクセント。
 ワンコインでこの内容。満足しきりだ。

d0188162_0315898.jpg
 ラーメンセットの「ラーメン」は、塩orミックスを選択できる。帰り際、「ミックスってどんな味ですか」と、おねいさんに問えば、「あー、えーと、塩と醤油の中間みたいなものですよ」。感じ良く答えてくれた。「今度はミックスにチャレンジします」「ぜひ」。

d0188162_0261838.jpg
d0188162_0262854.jpg
 満腹のお腹をさすりながら、中島廉売近くに佇む店を後にした。

2013.08.07 中もり500円
2013.05.30 狸そばセット500円
[PR]

by on-de-on | 2013-09-25 11:10 | 道南 | Comments(0)
2013年 08月 07日

中もり500円

d0188162_22583257.jpg
 長寿庵 本店 (函館市中島町21-9)

 函館は蒸し暑い。「7月までは涼しかったのさ。今日はひどいね」。地元っ子全員が口を揃える。
 食欲がないので、もりそばを・・・とのれんをくぐると、客で賑わっている。
 「ちゅうもり」「こっちもちゅうもり」。メニューにない「中もり」をワタシもオーダー。
 値段の割になかなかの盛りっぷりで、食べ応えあり。
 並もり350円、中もり500円、大もり650円だそうだ。
 メニューにある「もり500円」がいわゆる中もりかしら。
 お運び&会計を女性1人で切り盛りしており、忙しいからか、蕎麦湯の提供がなかった。
 言えばくれるのかも知れない。

d0188162_22445242.jpg
 サービス券をもらった。

2013.05.30 狸そばセット500円


[PR]

by on-de-on | 2013-08-07 11:55 | 道南 | Comments(2)
2013年 05月 30日

狸そばセット500円

d0188162_2332829.jpg
  長寿庵 本店 (函館市中島町21-9)

 「温かいの? 冷たいの?」
 「じゃ、冷たいので」

 冷やしたぬき蕎麦をイメージしていたが、スープたっぷりの「冷しかけ蕎麦」が供される。

 テーブル席と座敷席は、基本、1人客が占拠していた。

d0188162_23322179.jpg
 蕎麦、うどん、ラーメンともに自家製麺を謳う。

d0188162_23323153.jpg
d0188162_2332484.jpg
d0188162_23325742.jpg
d0188162_23331339.jpg
d0188162_23332132.jpg
 中島廉売の一角に佇む。市電の最寄り駅は「堀川町」。
 ホントは立ち食いの「シゲちゃんすし」で、ランチメニュー500円という寿司セットをしゃれ込もうと足を運ぶと、小さな店内は5人で満席だったので断念。
 ワンコインで腹を満たせないかと彷徨った結果、たどり着いた。


[PR]

by on-de-on | 2013-05-30 12:40 | 道南 | Comments(0)