札幌ランチ漂流

ondeon.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 09日

海老・春菊 かきあげ丼セット550円

d0188162_18572967.jpg
 ゆで太郎 南一条店 (札幌市中央区南1西14)

 ちゃんと海老が複数あり。プリプリ。

 札幌限定の話。「ゆで太郎」は、フランチャイズチェーン(FC)契約を募集していた。
 「200万円(+α)で独立」とアピールする。
 示している収益モデルを見れば、月350万円の売上に対し、いろいろ差っ引いて、営業利益は35万円ですって。
 無休で営業すれば、1日当たり売上は12万円。客単価が1人500円であれば1日240人(400円の場合、1日300人)。
 営業時間が12時間だったら、1時間当たり単価500円で20人(400円は33人)となる。
 脱サラして、一国一城の主になるのはチョー憧れ。でも、自営で稼ぐって大変と感じる。
 ランチタイムは客が殺到したとしても、トータルでどのくらい来店してもらえるか。
 飲食店は水商売。しかし、一発あてれば儲けもデカイのかも知れない。

d0188162_1857446.jpg
d0188162_18575757.jpg
d0188162_1858742.jpg
d0188162_18581764.jpg



[PR]

by on-de-on | 2014-10-09 11:15 |  →ゆで太郎 南一条店 | Comments(2)
Commented by tokumei at 2014-10-11 11:30 x
興味はそそられるジャンル(札幌での格安お蕎麦店)ではありますが、
・・・フランチャイズ飲食店としては原価率が高すぎる気がしますが。
Commented by on-de-on at 2014-10-11 17:22
tokumeiさん、コメントありがとうございます!
飲食店の原価率は最大30%と聞いておりますので、
利益を上げるならば、原価率はもっと低い方がイイですね。
そば粉の分量が多いのでしょうかね?
ぐぐったら、「ゆで太郎日記」という同社社長ブログで、「原価のお話し」という記事を発見しました。ワタシはシロウトゆえに難しい内容でしたので、ぜひtokumeiさんにレクチャーいただければ嬉しいです。


<< とろり白湯塩らーめん780円      本日のA定食490円 >>